若い世代ほど有効なピロリ菌の除菌

ピロリ菌の除菌 ピロリ菌とは、人の胃から発見された細菌で、免疫機能が不完全な子供の頃に感染し、胃の粘膜に侵入、アンモニアを生産しますが、その状態が長く続くことで炎症を繰り返して慢性胃炎となり、さらに、胃の粘膜が破壊されて組織が元に戻れなくなる萎縮性胃炎へと進むことがありますが、この病変は、胃がんの前段階と考えられています。
そのため、胃がんにならないためにも、ピロリ菌を除菌することがとても大切なこととなります。特に、このような菌は、除菌することで、若い世代ほど胃がんになる確率が大幅に下がることが判明していることから、検査を受けるには、成人式が最適であるとの専門家の推奨があるほどです。
また、この菌を除菌すると胃の粘膜がキレイになって、胃がんの早期発見に繋がるメリットがありますが、高齢になって除菌しても、がんの発症率はあまり変わらない事が報告されています。
なお、ピロリ菌の検査や治療の流れとして、感染の有無を調べるには6つの検査方法がありますが、そのなかの一つを選択して検査を受けてから、内視鏡で胃の中を診察します。
そこで、ピロリ菌が陽性で慢性胃炎との診断を受けると、胃酸の分泌を抑える薬と抗生物質を7日間服用する除菌治療が開始しますが、治療終了後から8週間後、再度検査して除菌されたかどうかを判定し、陽性の場合には、再度、二次除菌の治療が行なわれますが、ここまでは健康保険が適用されます。

あなたの疲労感はピロリ菌が原因?

繰り返してお腹が痛くなったり、胃が痛かったり、疲労が慢性的に続いている・胃の不快感を感じたり、胃もたれがしたり・食欲不振の状態になっていませんか。
それは、ピロリ菌が原因のために引き起こっている可能性があります。
ピロリ菌とは、胃の中が好きということで住みついており、胃を荒らしている細菌です。この菌に感染するする原因としては、胃の中の酸性が弱い状態である0歳~5歳の間に感染するといわれており、その期間中に食べ物から感染したことが考えられます。
また、ストレスが原因で引き起こされる場合もあります。
そして、この菌は、攻撃的であり危険性のある菌であることを頭においておかなければなりません。胃の病気にかかる可能性が非常に高く、そのままにしておくと危険です。ピロリ菌によって、引き起こされる病気を挙げます。
・十二指腸潰瘍・慢性胃炎・胃潰瘍
・20倍以上もの確率で胃がんを発症させる
このように、胃の病気にかかりやすくなります。そのため、日ごろから、ヨーグルトを食べることや洋食ではなく、和食を摂るようにするなど食生活の改善が必要になってきます。
そして、最もピロリ菌に良いとされているのは除菌治療です。保険は効きませんが、胃の病気になりやすくなるので、最近は除菌治療をしている方も多くいます。

「サプリメント」関連サイト

ピロリ菌に関する情報が満載のピロリ菌除菌・対策サプリメントランキング

ピロリ菌 サプリメント

オススメのプロポリス比較情報サイト

プロポリス サプリ

『ピロリ菌 除去』 最新ツイート

@eriko_travel

日赤で「慢性胃炎だし、ピロリ菌の血液検査は陰性だったけど呼気検査もやってみますか」と言われてやってみたら陽性。週末の飲み予定が終わったら除去開始です。胃弱が治るといいなー。

2時間前 - 2016年09月26日


@coniconi520

@ai_slave_24 義母様はピロリ菌除去のお薬飲んで、1ヶ月後にまた検査みたいです。 なんか昔の井戸水飲んでた人はピロリ菌持ってる人多いみたいよ😱 お母様は何もないといいね

3時間前 - 2016年09月26日


@stht_thts24

ピロリ菌除去のグラウンドファウンディング成功とか、こういうわかりやすーい感じの儲け方とかするひと好き…笑 https://t.co/n4hivZBj3v

3時間前 - 2016年09月26日